ミュゼのハイジニーナについて

 

Vラインだけなら他の脱毛サロンやエステでもよく格安キャンペーンを見かけます。
Vラインだと水着になる前の自己処理は随分楽になりますが、「思ってたほど範囲が広くない」と感じませんか?
露出度の高い下着とかだとVラインの処理だけでは実際不安です。

 

ミュゼのハイジニーナコースの対象部位はこちら

 

ミュゼのハイジニーナは痛くないのでオススメです

 

これだけ広範囲をまとめて脱毛できるのでデリケートゾーンのつるつるを目指すならミュゼのハイジニーナはおすすめですね!
もちろん完全につるつるでなくても大丈夫です。

 

例えばこんな指定の仕方もできます。

 

●トライアングル下を卵の形(楕円形)で毛を少し薄くして残す
●Iラインは中央に指1本分毛を残す
●Oラインはつるつるにする
●トライアングルの周辺は全部つるつる

 

毛量が多すぎ、毛が太くて濃いのが悩みって方も多いと思います。
そんな方にもミュゼのハイジニーナはピッタリですね。
脱毛を続けてるうちに毛が生えてくる量が減ってきます。
毛が自然に抜けだして、次に生えてくる毛はだんだん細くなってきます。
ちょうどいい感じになったところでコースを終了してももちろんOKです。
その場合、契約した回数がまだ残ってるなら残りの回数分の代金はちゃんと返金されますからご安心ください。

 

ミュゼのハイジニーナ7コースの料金(税別)

 

料金表の左側が基本の料金ですが、今なら「まとめて割」を使えば30%以上OFFになるのでとってもお得です。
回数をまとめて最初に購入するので1回では同じ料金ですが、4回以上からとってもお得になるんです。

 

ハイジニーナの回数について

ここで気になるのが「ハイジニーナは何回で効果が出るか」ではないでしょうか?
毛の量や太さ、お肌の状態(色素沈着の度合い)にも個人差があるのであくまで一般的な目安ですが、
ハイジニーナ 4回 Vライン周辺やトライアングル上下はそれなりに効果が実感できるくらい毛の量が減ります。
ハイジニーナ 8回 Vライン周辺やトライアングル上下はほぼつるつる。IラインやOラインも効果が実感できる程度まで毛が減ります。
ハイジニーナ 12回 ハイジニーナ全ての部位でほぼ自己処理不要になります。

 

ミュゼのハイジニーナでは他のエステと比べてジェルの制毛成分の効果も期待できるので色素沈着の影響は比較的少なくはなります。
しかしIラインやOラインなど色素沈着している部分では効果が弱くなるのは仕方ないので、どうしても多く回数が必要になります。
IラインやOラインの色素沈着が少ない方、毛量が少ない方は8回もすればほぼつるつるです。

 

どうしても個人差があるのでまずは無料カウンセリングで経験豊富なスタッフさんに相談してみることをおすすめします。

ミュゼのハイジニーナは痛くない?

ハイジニーナの脱毛をする人にとっての大きな関心はやはり「痛み」ではないでしょうか?
実際にハイジニーナの脱毛は他の部位と比べると一番痛いです。

 

ハイジニーナの脱毛が痛い理由はこの3つです。

  1. 毛が太くて濃い
  2. 皮膚が薄い
  3. 色素沈着しているので光を吸収しやすい

 

脱毛方法によってこの痛みは大きく変わります。
クリニック(医療機関)で行われるレーザー脱毛でハイジニーナの脱毛をすると激痛のレベルです。
人によっては我慢できなくて途中で断念する人さえいます。
医療機関なので麻酔をしてくれる場合もありますが、クリニックによって対応はバラバラです。

 

一方エステサロンの光脱毛はレーザーに比べて痛みはかなり軽減されます。
光脱毛(フラッシュ脱毛)では毛根の黒色に反応して熱処理をする方法なので、特にIラインやOラインの色素沈着した部分は痛みを感じやすくなります。

 

ミュゼの脱毛方法はここからさらに痛みが軽減されています。
S.S.C式脱毛という最新の方法では制毛効果のあるジェルを一緒に使いますので出力を抑えた光でも安定した効果が出せるのが特徴です。
ミュゼの脱毛方法は他のエステサロンと比べても痛みがより少ない脱毛方法です(脱毛ラボはミュゼと同じS.S.C式脱毛です)。

 

IラインやOラインの場合は出力を抑えて光を照射するのでミュゼのハイジニーナならあまり痛くないので安心です。
実際に脱毛してみて痛かった場合はスタッフさんにその旨を伝えれば出力を下げてもらえるので大丈夫です。
まぁミュゼのハイジニーナで「我慢できないほど痛い!」と感じる人はいないと思いますが・・・・。

ミュゼのハイジニーナは恥ずかしくない?

結論から言いますと恥ずかしいです!

だって相手がプロとはいえ、恥ずかしい格好で恥ずかしい部分を見せる訳ですから当然です。

 

でもハイジニーナの脱毛のメリットを考えたら少しくらい恥ずかしい思いをしても我慢できるはずです。
キレイになるために脱毛するんですから!

 

ミュゼのハイジニーナの説明をしておきます。
まず紙ショーツにはきかえます。
光を当てる部分を紙ショーツをズラしながら脱毛していきますので、モロに見られることはありません。
お店によってはブランケットをかけてくれたり、ガウンを着たりします。
Iラインは仰向けに寝て、まずは片足を「くの字」に曲げ、そのまま曲げた足を広げます。
Oラインはうつ伏せに寝て両足を開きます。
この時でも紙ショーツはずっとはいてるので気にならない方も多いと思います。

 

いかがでしょうか?
恥ずかしい思いに違いはありませんが、相手も女性だし慣れてしまえば全然平気という意見もたくさんあります。
コースの脱毛を一通りやってもせいぜい30〜40分程度なので意外に短く感じる方も多いようです。

 

早く始めた人は早くキレイになっています。

 

気になる方はミュゼの公式のHPをご覧ください。

 

>>ミュゼの公式ページはこちら<<

ハイジニーナの言葉の意味知ってますか?

ハイジニーナの意味をご存知ですか?

ミュゼのハイジニーナコースに興味をお持ち、または今通ってるよ〜!って方が多いと思いますがハイジニーナの意味について少し書いてみます。
簡単に言うと「あそこの毛がない人」「アンダーヘアの処理をしている人」という意味です。
人の名前(もちろんアニメの主人公の名前でもありません)

 

ちゃんとした脱毛をした人はもちろんですが、全剃りをしている人も含みます。
アンダーヘアの処理は欧米では当たり前で、逆にアンダーヘアに毛が生えている人が不思議に思われるほど。
ハイジニーナとは、「衛生的な」という意味の「ハイジーン」(hygiene)が語源になっているそうです。
なるほど、毛がないことで生理中のかゆみやムレからも解消されますね。
毛に雑菌がつくと、そこから臭いが雑菌が繁殖してニオイが出るのでニオイが気になる方にも特におすすめです。
ハイジニーナのメリットは・・・

  • 生理中のかゆみやムレから解消される
  • 毛に尿や生理の血がつくのが気にならない
  • 毛につく雑菌の繁殖がないのでニオイが気にならなくなる
  • きわどい下着や水着もキレイに着こなせる
  • 男性には特にウケがいい(←重要です)

 

2008年ごろから日本でもハイジニーナという言葉が使われ出して今はかなりよく聞くようになりました。
モデルやタレント、アーティストの間でも広まって、ハイジニーナを公表する有名人もかなり増えてきました。
HKT48の指原莉乃さんやAKB48の峯岸みなみさんもハイジニーナであることをテレビで公言しています。
一昔前のように「プロっぽい」と思われるのを懸念する心配はもう無いですし、もう毛が生えてることのほうが恥ずかしくなる時代はすぐそこまで来ています。
四条綾乃さんのブログ

 

ハイジニーナは海外ではブラジリアンスタイルという呼び方で定着しています。
海外の脱毛方法でブラジリアンワックス脱毛というのがありますが、ここから由来する呼び方になったんですね。
ブラジルの女性はカーニバルで下半身を露出する衣装を着る場合、みなさんエステで脱毛するそうです。

 

ブラジリアンワックス脱毛は粘着性の強い液体を脱毛したい部位に塗って、乾いたら一気にビリビリって剥がして毛も一緒に抜いてしまうやり方です。
これをアンダーヘアでやるんですから想像しただけでも痛々しいですよね^^;

 

主にブラジルやアメリカのエステで主流の方法でしたが、抜くだけなので当然しばらくすればまた生えてきます。
毛を強引に引き抜くやり方なので、ブラジリアンワックスはお肌へのダメージがかなり強いです。

 

国内ではモデルさんなんかはお仕事の前に一気に処理するために未だにお使いの方も多くいらっしゃいますが、最近は脱毛サロンなどできちんとした脱毛をする方が急増中です。

更新履歴